ろ過機能をもとにした浄水器の選び方

森のろ過システム

浄水器の基本的な機能はろ過機能のみとなることから、その導入に際しては目的にあった十分なろ過機能が搭載されていることも重視する必要があります。浄水器のろ過機能の精度は使用されているろ材によって異なるため、ここではろ材として使用されている素材を5種類上げ、ろ過機能に関する各々の特徴について解説します。

活性炭

炭

浄水器のろ材として使用されることが特に多い素材のひとつが活性炭です。この活性炭は表面に無数の小さな穴があり、そこで不純物を捉えることができるため、ろ材としての適性にも長けています。

また、活性炭には塩素を分解する力もあることから、特に水道水に含まれる残留塩素の除去も可能となっており、それを原因として発生するカルキ臭の除去などの消臭効果も期待できます。そのため、不純物を除去して安全性を高めるだけでなく、消臭も行い、水道水を飲みやすい状態にしたいという方には、この活性炭をろ材として使用している浄水器がおすすめです。

逆浸透膜(RO膜)

ペットボトルに入ったミネラルウォーター

ナノ技術を応用して作られた逆浸透膜はRO膜と呼ばれることもあります。この膜は半透膜状になっており、水分子だけを通過させることができるため、水道水がそこを通ると不純物の殆どを除去することができます。

この逆浸透膜を利用して生成された水はRO水と呼ばれ、ペットボトルに入った状態のものが天然水やミネラルウォーターのように売られていることも少なくありません。そのため、ろ過機能の精度は他のろ材と比較しても高いという特徴があります。一方で、現状ではこの素材がろ材として使用されている家庭用浄水器は少ないため、見つけることは若干難しいかもしれません。

中空糸膜

中空糸膜とは片側が閉じた状態のストローのような形状をした膜です。このろ材には、膜面積が広いという特徴があることから不純物や細菌の除去において優れており、家庭用浄水器だけでなく、産業用浄水器や浄水場などでも使用されているという特徴があります。

一般的な家庭用浄水器の中でも蛇口直結型浄水器に付属するカートリッジ内部にはこの中空糸膜がろ材として使用されていることが多く、一定のろ過機能が期待できますが、その一方で中空糸膜は破損しやすいという特徴もあるため、特に頻繁に使用する家庭用浄水器ではすぐに使用できなくなってしまうことが多く、交換用のカートリッジの購入費が高額になることもあるという点に関しては注意が必要です。

セラミック

セラミック製のろ材にも、その表面には細かな穴が無数に存在し、そこで不純物などを捉え、ろ過を行います。また、セラミックは熱に強いため、セラミック製のろ材を使用した浄水器は耐熱温度が他の浄水器よりも高く設定されていることが多いという特徴もあります。その反面、表面積を多くすることができないため目詰まりを起こしやすく、劣化が早いというデメリットがある点も忘れてはいけません。

イオン交換樹脂

水流のイメージ

イオン交換樹脂は水道水中に含まれる鉛イオンを吸着し、無害イオンと交換することでその安全性を高めることができます。しかしながら、その機能は限定的であるため、他のろ材と併用されることが多いという特徴もあります。

ろ過機能をもとにした浄水器の選び方を読まれたあなたにオススメの記事