浄水器は口コミで選ぶな!失敗しないためのチェックポイント4つ > 浄水器より水道直結型ウォーターサーバー「CoolQoo」がおすすめ!

浄水器より水道直結型ウォーターサーバー「CoolQoo」がおすすめ!

ノンボトルウォーターサーバーCoolQoo

浄水器にはさまざまなメリットがありますが、実際に導入を検討する際にはデメリットについても知っておかなければなりません。ここでは、見逃されがちな浄水器のデメリットについて解説します。

カートリッジ交換に手間や費用がかかる

カートリッジの付いた水道

浄水器のろ過機能は機器内に搭載されているフィルターによるものですが、このフィルターには通水量が多くなるにつれて除去した不純物が網目の間につまり、その効果が徐々に薄れていってしまうという特徴があります。そのため、このフィルターは消耗品でもあることから、定期的な交換が必要になります。

特に、蛇口直結型浄水器の場合、このフィルター部分はカートリッジ式になっており、簡単に交換することができます。ですが、このタイプの浄水器は1~3カ月に1回程度の頻度でカートリッジの交換を行わなければならず、手間、費用共にかかるというデメリットが伴います。

また、ビルトイン型や据え置き型の浄水器の場合、フィルターの交換は1年に1回程度の頻度で行えば問題はありませんが、これらのタイプのフィルターは交換にさらに手間がかかるだけでなく、交換用のフィルターも高額であるという特徴があり、いずれにしても大きなデメリットとなってしまうでしょう。

お湯だと効果が半減する場合も

お湯で手を洗う人

一方で浄水器のフィルターとして使用されるろ材には、活性炭や逆浸透水、セラミックなどさまざまな素材が使用されますが、このうち活性炭はお湯が通過することでそれまで除去した不純物が一気に流れ出てしまうことがあるため注意しなければなりません。

また、そもそも浄水器の中にはお湯での使用を想定していないものも多く、お湯を長時間通してしまうと浄水器本体やパッキンが早く傷んでしまい、ろ過効果にも影響が及ぶことも考えられます。

ろ材の中にはセラミックのように高温に強い素材が使用されているものも存在しますが、ほとんどの浄水器は、耐久水温として35度未満であることが指定されているため、その点に注意しながら使用すると、思ったより使用用途が限られてしまうことがあり、その点も大きなデメリットといえます。

浄水器・宅配水なんてもう古い!

水道直結型ウォーターサーバー「Cool Qoo」がおすすめ

このように浄水器にはカートリッジの交換に手間や費用がかかるという点や、お湯が使えないという点で大きなデメリットが存在します。その一方で水道直結型ウォーターサーバーであれば、これらのデメリットも存在しないだけでなく、一般的なボトル型ウォーターサーバーのメリットも伴うためおすすめです。

水道直結型ウォーターサーバーとは、その名称からも分かるとおり家庭にある水道に接続させて使用するウォーターサーバーです。このタイプのウォーターサーバーもまた、水道水をろ過して供給を行う仕組みになっていますが、その内部にあるろ過機能は浄水器のそれよりも高性能であるため、水の安全性は浄水器以上といえます。

また、水道直結型ウォーターサーバーの中でも特に「Cool Qoo」は、温水機能などの基本的な機能だけでなく、自動クリーン機能などのメンテナンスを軽減するための機能が搭載されている上に、業者スタッフによる有人メンテナンスも受けられるため、手間をかけずに安全性の高い水を飲むことができ、特におすすめです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo 公式サイトはこちら ▶

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

浄水器より水道直結型ウォーターサーバー「CoolQoo」がおすすめ!を読まれたあなたにオススメの記事